塚口のお好み焼・鉄板焼・らーめん  みなとや

クレジットカードご利用頂けます。

妻の折り紙の使い方が斬新過ぎて泣ける。折り紙を折らない『折らず紙』の新境地~芦屋育児ブログ親父の戯言~

  • 妻の折り紙の使い方が斬新過ぎて泣ける。折り紙を折らない『折らず紙』の新境地~芦屋育児ブログ親父の戯言~をgoogle+でシェア
  • 妻の折り紙の使い方が斬新過ぎて泣ける。折り紙を折らない『折らず紙』の新境地~芦屋育児ブログ親父の戯言~をはてなブックマークでシェア
  • 妻の折り紙の使い方が斬新過ぎて泣ける。折り紙を折らない『折らず紙』の新境地~芦屋育児ブログ親父の戯言~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

本日もお好み焼・鉄板焼 あえ のホームページにお越しくださいましてありがとうございます。

極最近のはなしですが、家に帰ると大量の折り紙が置いていました。一般的な折り紙と言えばこれくらいの量ではないでしょうか。



origami

しかし我が家に転がっていたのは、この折り紙の量をはるかに上回る量で、大方5倍くらいの枚数が入っている様な確実にお徳用の折り紙でした。

折り紙って折るものじゃなかったの?


我が家で折り紙が得意だと言っても差支えが無いのは私だけだと思っていました。とはいえ、そんなにたくさんの種類を折る事が出来るわけではありませんけどね。当然息子はまだ折り紙を折る事ができませんし、妻は震災の日に持っていく鶴を私に折ってくれと言ってくるくらいなので、折り紙が得意ではないと勝手に思っていました。

妻が苦手としている物が家に増えている場合は大抵私が息子と遊ぶ時のアイテムとして購入されている事がおおいので、今回見つけた大量の折り紙も私が息子に何かを折ってあげる用のアイテムだと私は思っていました。

私が折り紙なんて折りそうにないないと思っている方に愛を込めて



私という人間を知っている人は『お前みたいなもんが折り紙なんか出来るわけないやろ!』と言ってくるに違いありません。私の常人とは思えない程分厚い手を見れば細かい作業なんて出来そうにないですからね。その様に思われるのが当然と言えば当然なのですが、私は意外と細かい作業が大好きです。針仕事もできますし、あやとりだって出来ます。昔TVチャンピョンでやっていた『手先が器用選手権』に本気で出たいと思っていたほどです。でかい図体をしておいて本当に申し訳ないのですが、私はチマチマ何かをするのが大好きなのです。

この様に文章で書いてみた所で実際器用かどうかなんてわからないですよね。という事で小さい折り鶴を折ってみたので、紹介させていただきたいと思います。勿論手で折っています。針などを使って折っているわけではないので勘違いしないでくださいね。

turu1


若干汚い仕上がりで申し訳ないですが、このサイズを素手で折ろうと思ったらこんな感じで限界です。疲れるのであまりやりたくないですが、針を使って良いならもっと小さい物を折る事も可能です。

これで私が折り紙を折る事の出来る人間だという事は多少わかっていただけたのではないかと思います。

折り紙を折らないという暴挙



夜仕事を終えて自宅に帰るとこんなものが転がっていました。

IMG_1621

御覧の通りソフトクリームです。

しかしこれは明らかに折られた物ではなく折り紙をグチャグチャっとして形を作ったものなので、折り紙は折り紙としての役割を果たしているとは到底思えません。

とは言えこれはこれでオモチャになるので息子は大喜びです。当然私が折った鶴やヤッコさん、船などには一切見向きもしないで、妻の作った折り紙で遊んでいます。今当然の様に折り紙と書きましたが、どう考えても折っていないので『折らず紙』とでも名付けておきたいと思います。

という事で、他にも転がっていた妻の作品『折らず紙』達を紹介していこうと思います。

IMG_1620

これもご覧いただければわかると思いますが、ホットドックです。ウィンナーソーセージの上に赤い紙を波型の曲線に千切ってケチャップまで表現されている芸の細かさには驚きですね。

これも息子のお気に入りでおもちゃ箱にレゴと一緒に放り込まれていました。まだまだ折らず紙作品は続きます。

IMG_1623

これは若干わかりにくいかもしれませんが、ハンバーガーです。これは作成してからわりと期間が経過していて、散々息子に遊ばれているので形が変わってしまっていますが、まだまだハンバーガーとして成立しているのではないでしょうか。

トマト、チーズ、レタスが入っているので、モスバーガーのハンバーガーなのではないかと私は予想しています。

では続いての折らず紙を紹介したいと思います。

IMG_1622

かなりのサイズ感ですが、サンドウィッチです。手前が妻の作品かと思われます。奥の作品は若干粗い感じがあるので息子の作品ではないかと予想しています。

まだまだ他の物もあるのですが、私が写真を撮ろうと思って探した時にはこれだけしか残っていませんでした。毎週土曜日、日曜日になると、長男の保育所が休みなので一緒に制作に励んでいる様です。なので、息子も折り紙を折るという気配が一切見当たりません。私が折っているのも見ているのは見ているのですが、やはり子供がやると考えると折り紙よりも折らず紙の方が断然やりやすいですからね。

そんな息子が作った折らず紙作品がこちらです。

IMG_1624

右は桜餅だそうですが、左は何かわかりません。一応聞いたのですが、本人もいまいち解っていないのか聞くたびに言う事が変わってしまいます。

まぁ何にせよ何かを作るという行為は良い事だと思うので、自分の思う物を思う通りに作ってもらえれば良いなと思います。しかし保育所等で折り紙を出された時に折らず紙作品を作ってしまうのではないかと心配しています。もう少し大きくなったら折り紙の一般的な使い方を教えておこうと思います。

【関連】子供の記憶は何歳からありますか?3歳以下の思い出は親が残そう!~芦屋育児ブログ親父の戯言~

【関連】芦屋子育てブログ~充実した子育て施設、育児相談を利用しよう!~

【人気】元タクシー運転手の独り言~大概の依頼は受けますがその依頼は嫌です~

【オススメ】タバコをiQOS(アイコス)に変えてみた~個人的な使用感~

  • 妻の折り紙の使い方が斬新過ぎて泣ける。折り紙を折らない『折らず紙』の新境地~芦屋育児ブログ親父の戯言~をgoogle+でシェア
  • 妻の折り紙の使い方が斬新過ぎて泣ける。折り紙を折らない『折らず紙』の新境地~芦屋育児ブログ親父の戯言~をはてなブックマークでシェア
  • 妻の折り紙の使い方が斬新過ぎて泣ける。折り紙を折らない『折らず紙』の新境地~芦屋育児ブログ親父の戯言~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

ページトップへ