塚口のお好み焼・鉄板焼・らーめん  みなとや

クレジットカードご利用頂けます。

イクメンという謎の言葉について考える~芦屋育児ブログ親父の戯言~

  • イクメンという謎の言葉について考える~芦屋育児ブログ親父の戯言~をgoogle+でシェア
  • イクメンという謎の言葉について考える~芦屋育児ブログ親父の戯言~をはてなブックマークでシェア
  • イクメンという謎の言葉について考える~芦屋育児ブログ親父の戯言~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

本日もお好み焼・鉄板焼 あえ のホームページにお越し下さいましてありがとうございます。

本日は育児について父親という立場からいかにして向き合うかを考えている私シゲが若干真面目に書いていかせていただきます。

イクメンとは一体何なのかを考える



私の様に仕事ばかりしていて育児全般を妻に任せてしまっている男性は世の中に多く存在しているのではないでしょうか。

しかし、こんな私でさえ何故かイクメンと言われる事があります。

どの様な時に言われるかというと、保育所に送り迎えに行った時です。

私が子供に対して出来る事は、休みの日に遊ぶ事と保育所の送り迎えをするというたったそれだけしか出来ていません。

たったそれだけの事でもイクメンという称号が手に入るなんて、イクメンってそんなにハードルの低いものなのでしょうか。

そもそもイクメンとは一体何なのでしょうか。

先ずはそこから考えてみようと思います。

イクメンという言葉の意味



「イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。
単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。
実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。
引用元:コトバンク



最後の一文が何とか救いになってはいますが、『俺は育児に参加したい!』と声高に叫んだ所で実際に出来ていなければ育児に興味がなくてやっていない人とさしたる違いはありません。

母親目線から考えて育児の分担が出来ない事には何の違いもないという事実に変わりません。

イクメンという言葉が純粋に嫌い



イクメンという言葉はかの有名な長妻昭衆議院委員が『流行らせたい』と言った事で流行った言葉です。

確かに言葉は流行りましたが、実際にはどうでしょうか。

多くのお父さん方は会社に行き、お母さんが育児を担当しているケースの方が圧倒的に多いはずです。


確かに役割分担にはなっていると思います。

誰かがお金を稼いでこない事には、生活が破綻してしまうので、どちらかがお金を稼ぎに行かなければいけないのは事実です。

しかしそれをしなくても良い様に育児休暇という物が存在していて、それを取得する権利を労働者は有しています。


私自身長男が生まれた時に会社に育休申請を出したいという旨を伝えた所、当時の所長から『アホか』と一言言われて終わりました。

これが社会の現状なのではないでしょうか。

育児に参加したい、妻の負担を少しでも楽にしたいという想いはたった3文字で却下されてしまいます。


そこでもし私が突っかかったり、労基局に走ったりしたらどうなるでしょうか。

自分の会社での立場が悪くなり、退職せざるを得ない状態になってしまうかもしれません。

私のいた会社が特別育休に無関心というわけではないと思います。

世の多くの会社が男性の育休に対して良いイメージを持っていないのではないでしょうか。


こんな社会で何が『イクメンという言葉を流行らそう』だ。

言葉ばかり流行っても何の意味もないと思うのは私だけなのでしょうか。

育児とは両親でするのが当然のはず



生んでもらうのも育ててもらうのも妻に委ねていると、父親という存在が家族の中でないがしろにされるのは当然と言えば当然です。

いやいや、お金稼ぐという重大な仕事をしているじゃないかと言いたい方も大勢いらっしゃるとは思いますが、それならイクメンという言葉の定義の中に『家族の為に必死でお金を稼いできてくれる』という言葉が入っても良いはずです。

それに、お金を稼いでいるだけで家庭を守っていると思うのも違う気がしてしまいます。

物理的に父親がいないという状態ならそれはそれで良いと思いますが、いるのならいるなりの仕事をするべきなのではないでしょうか。


最近『イクメン』ブームに乗って、仕事をする人が実際いますよね。

育児の能書きを人前でしゃべったりしていますが、その時子供を見ているのは誰なんでしょうね。

イクメンの仕事が忙しくなって育児に参加出来ていないイクメンもいらっしゃるのではないでしょうか。

とはいえ、育児に参加したいという意志さえ表示しておけばイクメンのカテゴリに入るとコトバンクには書いていたので、それでいいんですかね。

私自身の事



私はイクメンではありません。

育児に参加したい意志はあっても出来ていないので、イクメンと言われる事にとても抵抗を感じてしまいます。

今時女性の育休や産休に関してつべこべ言う会社は減って来ていますが、実際妻はマタハラを受けていたと私は思っています。

私自身サポートが出来ていないから問題が起こっているのだと思いますが、こればかりは理解出来ない人は、本当に理解出来ない事だとも思っています。


少子化少子化と言われている現代に子供を産んで、それに伴って母親ないし父親が休む事が悪の様に見る人がいるという事実がとても悲しい事ではないでしょうか。

私たちの子供世代にはそういった煩わしい環境が改善されている事を切に願いますし、私自身もそういった社会になれるよう貢献出来る事には貢献していきたいと思っています。



最後の最後に書きますが、家庭には家庭のやり方という物が存在していて、『父親の育児参加は必要ない』と思っている方もいらっしゃるかと思います。

私はそれはそれで良いと思います。

絶対に父親が参加しないといけないという事が言いたいわけではありません。

イクメンという言葉だけが流行って、参加したい、参加してほしいと思っている人が参加出来ない事が問題だと思っているだけですので、お間違えのないようお願いします。



  • イクメンという謎の言葉について考える~芦屋育児ブログ親父の戯言~をgoogle+でシェア
  • イクメンという謎の言葉について考える~芦屋育児ブログ親父の戯言~をはてなブックマークでシェア
  • イクメンという謎の言葉について考える~芦屋育児ブログ親父の戯言~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

ページトップへ