塚口のお好み焼・鉄板焼・らーめん  みなとや

クレジットカードご利用頂けます。

元タクシー運転手の独り言ブログ~甲子園で野球観戦帰りのタクシー選び編~

  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~甲子園で野球観戦帰りのタクシー選び編~をgoogle+でシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~甲子園で野球観戦帰りのタクシー選び編~をはてなブックマークでシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~甲子園で野球観戦帰りのタクシー選び編~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

本日もお好み焼・鉄板焼 あえ のホームページにお越しくださいましてありがとうございます。

先日芦屋エビアンコーヒーショップに行ってみよう的な事を書きましたが、本日行く事ができました。

妻と佳士氏を会わせる事に成功したわけですけれども、お互い変わった変わったと言いあっていたので、最後の記憶を聞くと小学校4年生だそうです。

変わっていない方が不思議なので、お互い変わっていて良かったなと思いながら妻の話を聞きました。



さて、本日は梅雨の中休みといった感じで気温もうなぎ登りで暑い一日になりましたね。

幸運にも私は本日休みだったので、体調の悪い妻を引き連れてブラブラしていたわけですが、今迷っている事があります。


6月27日が息子の誕生日なのですが、どこに行くかがまだ決まっていません。


仕事もお休みを頂いて、プティ旅行にでも洒落込もうかと思っているのですが、行き先が全然決まらないんですよ。

大まかに高知県か和歌山県にでも行こうかなと思っているのですが、天気予報では今の所雨の予報になっています。

全天候型の施設でもないかなと淡い期待を胸にギリギリまでなやんでみようかと思います。

そんなこんなで本日の更新もシゲですと書かなくてもわかるスタートで本日も更新していきます。

野球おわった!さぁ!帰るぞ!



野球が終わっていざ帰ろうと思っても、阪神甲子園駅は超満員で駅のホームにも中々たどりつきません。

タクシーにでも乗って近所の別の駅まで行くとか、少々なら家までタクシー乗っちゃおうかなと思っている人も数多くいらっしゃいます。

そんな人たちはどこでタクシーをつかまえればより快適な接客で目的地まで到着できるかという事を書いていきたいと思います。

球場近辺に止まっているタクシー



駐車禁止のため最近はかなり減ってはきていますが、道路に止めて客待ちをしているタクシーがあります。

彼らは一発狙いのタクシーなので近場は乗れないと思って頂いても問題ありません。


仮に甲子園から芦屋と言っても普通に考えたら遠いのですが、彼らにとっては近場となるので『他のタクシー乗ってくれ』と言われます。


間違いなく減ってはきていますが、そんな営業を未だにやっている残念な運転手も一定数いるという事を知っておいてください。

そんな話をちょくちょく耳にしていると『タク協は何してんねん!』と私は思ってしまいます。

甲子園筋を流しているタクシー



基本的に流しているタクシーはそこまで大きくハズレが無いと言いたいのですが、数年前から甲子園球場の近辺は客待ち禁止となっているので、タクシーが流さざるを得ない状態になっています。

という事もあって、甲子園筋をクルクル回るタクシーが昔よりは増えてきています。



そんな流しのタクシーでも近場だと平気で断る事もあります。

私の聞いた話では、そういった流しのタクシーは表示板を予約車や貸切にしている事が多いそうです。

その様な車に手を上げると、ドアを開けずに窓を開けて『どちらまでですか?』と聞いてくるそうです。

そこで近場を言うと、『すいません!この車予約なんですよ!』と謎のセリフを吐いて行ってしまうようです。


乗車拒否の定義として、『座ったお客様に対して断ってはいけない』というルールなので、車に乗り込まれさえしなければ断っても問題はないという話を聞かされました。


ある意味運転手の逃げ道を作っているルールを悪用してタキヤ行為をしているだけにしか私は思えません。

ではどこのタクシーに乗ればいいのか



やはり間違いないのは正規のタクシー乗り場です。



では甲子園の何処に行けば正規のタクシー乗り場があるのかと言う話になります。


先ず阪神甲子園駅前の阪神タクシー乗り場が正規のタクシー乗り場になります。

ここだと近かろうが遠かろうが間違いなく乗れるし、特に嫌な思いもする事はないかと思われます。

因みに阪神タクシー乗り場ですが、当然野球が終わった瞬間長蛇の列が出来上がるので、中々乗る事が出来ないのも事実です。

しかし、取り敢えず並んでいたら『チャブリ』と言われる行為をしているタクシーもいるので、何らかのタクシーに乗る事は可能です。



チャブリとは、今回の場合は阪神タクシー乗り場に他社のタクシーがお客様をパクリに来る行為の事言います。

チャブリの場合は近くても遠くてもどちらでも良いと思っている運転手がする行為なので、その辺りは問題なく乗る事ができます。



しかし、難点を挙げると甲子園近辺で普段仕事をしていない人も来る可能性があるので、近辺の地理が不案内の可能性があります。



そしてもう一つある正規の乗り場はノボテル甲子園の車寄せに付けているタクシーです。

ノボテル甲子園は甲子園球場の北側にあるホテルで、あくまでホテルのお客様をお乗せする事を目的に付けているのですが、正規の乗り場なので野球開催時に付けに行く運転手も多くいます。

ホテルの乗り場は下手な接客をすると会社ごと入構禁止になってしまう可能性があるので、運転手自身仕事場がなくなっては困るので、問題なく乗車できます。

因みに私が乗務していた時代は私もノボテル甲子園で野球観戦帰りのお客様を狙っていました。

阪神甲子園球場からお帰りの際は



私はノボテル甲子園の車寄せに付けているタクシーか阪神タクシーを推します。

単純にルールを守って営業しているタクシーなので間違いが起こりにくいというだけの話ですけどね。

流しのタクシーも純粋に流しているタクシーなら当たりですが、タキヤ行為をしている車だと当たった際に腹が立ちますよね。



移動という出来るだけお金をかけたくないものに、あえてタクシーという高額な移動手段を選択していただけるのなら、より良い移動をしていただきたいというのが私の考えです。

タクシー運転手やタクシー会社がその様に考え、行動してくれる事を切に祈るばかりです。

何よりルールを決めているのに取り締まらない兵タ協さんにもっと頑張ってもらいたいですね。

野球観戦を楽しんで、家に着くまで楽しく帰れる事をお祈りしています。

  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~甲子園で野球観戦帰りのタクシー選び編~をgoogle+でシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~甲子園で野球観戦帰りのタクシー選び編~をはてなブックマークでシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~甲子園で野球観戦帰りのタクシー選び編~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

ページトップへ